【新刊】 震災学 VOL.6  <荒蝦夷>

2015年3月26日 | その他, 新刊, 雑誌 |

DSC01646

著書名: 震災学 VOL.6
著者名:
出版社名: 東北学院大学発行・荒蝦夷発売
出版年: 2015年3月
価格: 1944円(税込)

◇・「小さきもの」の行末について : 佐々木俊三
・原発をめぐる現在
インタビュー 福島第一原発のいま : ハッピー
函館から見る大間原発 : 中川大介
いま、地域が声を上げるとき : 工藤寿樹
<無責任社会>を終わらせよう : 逢坂誠二
聞き書き 「候補地」としての12か月
・過去に学ぶ
破壊の跡地を歩くー1・17、5・12、9・11 : 五十嵐太郎
二〇一五年一月一七日の神戸 : 山川徹
被災地の天使・黒田裕子さん その思想と行動 : 室崎益輝
正岡子規の明治三陸大津波 : 清水ますみ
再録 明治三陸地震津波の新聞報道と絵画 : 林誠
・自立する市民の震災復興
被災した日常とボランティア : 木瀬公二
震災初期・被災事業所支援奮闘記 : 千葉勝由
防災分野におけるNGOの可能性 : 合田茂広
震災学の地平を耕す視座 : 岡田憲夫
「冬眠から覚めた愛」は自然に眠るのか : 郭基煥
復興支援活動から見た行政システムと市民社会の「災後」 : 齊藤康則
座談会 被災地/者と災害ボランティアステーションの行方

★新品
★メール便(簡易包装)発送可能


注文する
関連ページ: ご注文からお届けまで

Comments are closed at this time.